序-4 パテント思考で世界と自分を変えよう


現代では地球のほとんどでインターネットが繋がり、扱える情報は爆発的に増えた。もはや新しいものは出尽くし、ありとあらゆる情報が瞬時に入手できる時代にになったと言ってよい。こんな時代において、ただ新しいものだけを追求していっても、これまでとほとんど変わらないものしか産み出すことができない。

その悪い例として2016年問題になったのがキュレーションサイト(まとめ記事サイト)だ。キュレーションサイトは他のサイトの記事や写真を無断で引用し、組み合わせ、SEO(検索エンジン最適化)を駆使して新しい文書を量産していた。確かに「新しい」ということはクリアしていたが、「肩こりは霊が原因」といったトンデモ記事が満載していたDeNAの「WELQ」が大炎上したように、何の「進歩」も無い内容だった。そのため、DeNA、リクルート、サイバーエージェント、ヤフーのキュレーションサイトが続々と非公開に追い込まれていった。

このように、現代では既存のキーワードを組み合わせた「新しいもの」を作っても、全く評価はされない。AppleのSiriに搭載された音声認識技術や、ポケモンGoの位置情報認識技術の様に、既存の商品やコンテンツに、新しい技術を組み合わせた商品やアイデアが評価されている。


キュレーションサイトのようなただ新しいだけのものを産み出すアイデア発想法ではなく、新しい技術を組み込むことによって世の中を変えるアイデア発想法が求められている。

そして、私が提案するアイデア発想法が「パテント思考」である。

パテント思考とは10年で100件の特許を取得してきた私の独自のアイデア発想法である。従来のアイデア発想法のように無秩序にキーワード出しを行い、新しいアイデアを発想するのではない。

パテント思考では、最初に発想したい発明のゴールを明確にする。「100メートル走」ならば「9秒ジャストで走る」といった具合だ。そして、発明のゴール側から「できない理由」を様々に発想していく。

<できない理由>
・空気抵抗の存在
・シューズの反発力
・心肺機能の限界

そして、できない理由を眺めながら、「できる方法」を発想する。

<できる方法>
・XXXXのフォームを採用し、空気抵抗を下げる
・XXXXの素材を利用し、シューズの反発力を高める
・XXXXの食事を採り、心肺機能が高める

こうして、「新しさ」と「進歩」を兼ね備えたスンゴイ発明を産み出すアイデア発想法がパテント思考である。私はこのパテント思考によって100件以上の特許を取得してきたが、特許の取得に失敗したアイデアはわずかに1件であり、成功率は99%以上である。平均20~30%と言われる日本の特許取得率と比較すると、驚異的な実績と自負している。

このブログでは、パテント思考の身に着けるための環境作りから、実践方法までを解説している。これを読んだあなたはパテント思考を身に付けて、より新しく・より進歩したアイデアを考案できるようになるだろう。

そして、あなたは特許、新製品の開発、新事業の企画、論文、イベントの運営、ブログ、twitter, Facebook等で、みんなが「新しく、素晴らしいアイデアだ」と称賛する実績を残すことができるようになるだろう。そうなったとき、あなたの評価は社会全体に響き渡っており、今の会社の評価を気にする必要が無くなる。パテント思考はあなたを会社から自由にする翼なのだ。

パテント思考を身に付け、自分を変え、そして世界を変えて欲しい。それが私の願いである。

                                                        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です