2021年衆院選の最注目は東京15区(江東区)。鍵は冷感タオルと音喜多駿氏

2021年衆院選の最注目は東京15区(江東区)。鍵は冷感タオルと音喜多駿氏

「パテントマスターは語りたい」の第13弾(2020年9月)。今回は10月にも実施されると言われている解散総選挙、すなわち第49回衆議院選挙についてです。

「半沢直樹に命を救われた話」で詳しく書いていますが、音喜多氏との訴訟の後に仕事を失い、(恐らくですが)新型コロナウイルス感染で体も心もボロボロになった自分に今唯一できる事がこの有料記事の執筆です。どうか応援の程、よろしくお願いいたします。

僕は今回の解散総選挙で特に注目している選挙区が有ります。それがカオス過ぎる東京15区(江東区)です。本当に濃い面子が集まっていて、社会人新人の時に同期と食べに行った三田本店のラーメン二郎を思い出します。「小」を買ったはずなのに、出て来たラーメンを見た時のインパクトは忘れられません。

今回はそんなカオスで濃い東京15区の候補者メンバーと、「鍵を握る冷感タオルと音喜多駿氏」を語りたいと思います。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、この有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について