2020年09月15日(火) 河井前法相が弁護士解任で牛歩戦術。原因は検察のミス

2020年09月15日(火) 河井前法相が弁護士解任で牛歩戦術。原因は検察のミス

2020年9月15日(火)の「今日のニュースを語りたい」は

河井前法相、全弁護士解任 過密審理に不安訴え―「百日裁判」遅延か・東京地裁

です。

昨年、2019年参院選で当選した河井案里氏と夫である河井克行・前法務大臣が夫妻揃って公職選挙法違反事件で逮捕・起訴されています。起訴内容は「2人で地元議員ら100人に投票や票の取りまとめを依頼するために総額2900万円の金銭を渡した」です。いわゆる買収です。

現在、東京地裁では連日の様に「河井克行、河井案里」の被告人名で公判が行われています。僕はちょうど初公判の8月25日に任天堂とコロプラの特許訴訟の取材をするために東京地裁に行ってたのですが、朝から大勢のマスコミと傍聴券を求める人で大混雑でした。

それから何度か東京地裁に行ってるんですけど、昼休みに開廷情報(今日、どんな裁判がやっているかタブレットで検索できる)を見ると大半の日に「地裁刑事事件」に「河井克行,河井案里」が見つかるんですよ。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、この毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について