寺原きよみ氏の詐欺ビジネスに加担する自民党都連の問題について

寺原きよみ氏の詐欺ビジネスに加担する自民党都連の問題について

私、宮寺達也は「寺原きよみ」こと「田川きよみ」氏(以下、寺原氏)に対して165万円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に提起し、勝訴しました。

寺原きよみ氏に対する損害賠償請求訴訟の勝訴による173万3000円の請求

この損害賠償を求める事件の原因は、寺原氏が主宰する「みんなの力で「日本を立て直す!!」」というFacebookグループにおいて寺原氏が私に対して行った誹謗中傷です。

そのため当初、私は寺原氏を実名アカウントと認識しておりました。匿名アカウントへの発信者情報開示請求ではなく、弁護士による住民票の職務上請求で寺原氏の住所を特定し、訴訟を提起する予定でした。

しかしこの寺原氏の住所を特定する中で、寺原氏がその氏名、さらに自身が代表取締役を務めているという「株式会社クレッシェンド」の登記情報を偽っている事が明らかになりました。

特に株式会社の登記情報を偽ってビジネスを行う事は会社法、特定商取引法に違反する明確な詐欺ビジネスです。そして寺原氏が主宰する「みんなの力で「日本を立て直す!!」」には自民党都連を中心とした多数の現職政治家が参加しております。

私はこの訴訟を通じて寺原氏が詐欺ビジネスを展開している事、そしてそれに自民党都連が加担している事を確信いたしました。そのため、ここに問題提起をさせていただきます。

1. 「寺原きよみ」という偽名

まず、寺原氏は葛飾区に住んでいる事を度々、twitterなどで発信しています。

そこでまず、私は弁護士に依頼して葛飾区に「寺原きよみ」の住民票を職務上請求いただく事にしました。

しかし葛飾区の回答は「葛飾区には「寺原きよみ」なる人物は居住していない」というものでした。

寺原氏は自身が代表取締役を務めている「株式会社クレッシェンド」の会社概要においても、

代表者 代表取締役 寺原きよみ

と記載しており、「寺原きよみ」は本名であるのが当然です。この時点で私は寺原氏という人物が極めて怪しい人物であるとの思いを確かにいたしました。

2. 「株式会社クレッシェンド」という架空会社

しかし住民票の職務上請求で住所が特定できない以上は、別の方法を模索するしか有りません。そこで、次は自身が代表取締役を務めている「株式会社クレッシェンド」の登記情報から寺原氏の住所を特定する事にしました。

「株式会社クレッシェンド」の会社概要には、

会社名 株式会社クレッシェンド

所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL 03-6215-8857(代表)

設立年月日 2001年9月17日

資本金 1000万円

代表者 代表取締役 寺原きよみ

と記載されています。しかし登記情報を検索しても、上記の所在地の住所に「株式会社クレッシェンド」という会社は存在しませんでした。上記の所在地はレンタルオフィスであり、ここに本社を置く会社そのものが存在しませんでした。

代表電話に電話しても「株式会社CDパートナーズ」という会社に繋がりました。また、問い合わせに記載のメールアドレス「contact@k-crescend.co.jp」にメールを送っても宛先不明で返って来ました。

この時点で「株式会社クレッシェンド」が架空会社である事は確実でした。さらに私は「他の住所に所在地を移した」可能性を考慮し、東京都内にある全ての「株式会社クレッシェンド」の登記事項を調査しました。

その結果、東京都内には19社もの「株式会社クレッシェンド」が存在しましたが、代表取締役が「寺原きよみ」となっている会社は1社も存在しませんでした。もちろん、後に判明した本名である「田川きよみ」が代表取締役になっている会社も1社も存在しませんでした。

そのためで「株式会社クレッシェンド」の登記情報から寺原氏の住所を特定する事は不可能となり、一旦は弁護士からも「寺原氏の住所特定は不可能だから、訴訟を諦めよう」と言われるまでになりました。

その後、何とか別の方法で寺原氏の住所を特定し、訴訟は無事に行う事ができました。

しかし訴訟とは別に「寺原氏が代表取締役を務めている株式会社クレッシェンドという会社は存在しない」という事実が明らかになりました。

会社法において、登記事項登録をしていない株式会社というものは有り得ません。寺原氏は「資本金1000万円の株式会社クレッシェンド」という架空会社をでっち上げ、詐欺ビジネスを展開し続けているのです。

3. 「みんなの力で「日本を立て直す!!」」での人脈

寺原氏は架空会社である「株式会社クレッシェンド」において、

受験・教育コンサルティング 1回2時間 3万7500円

カウンセリング(メンタルサポート) 1回2時間 3万7500円

個別相談 1回2時間 3万7500円

などと非常に高額の有料セミナーを行っております。これらのセミナーが高額である理由は、「資本金1000万円の株式会社クレッシェンドが提供している」という信用の上に成り立っています。

さらに寺原氏は「みんなの力で「日本を立て直す!!」」というFacebookグループを主宰しています。そこには475人ものメンバーと、自民党都連を中心に実に30人もの現職政治家が参加しております。

また、都議選などで積極的に自民党都連を応援し、一緒に写った写真を自身のFacebookにアップしています。例えば、これは墨田区の自民党都議である川松真一朗氏と一緒に写っている写真です。

出典:寺原きよみFacebook「2021年7月21日 17:32」

また、「ホンマルテレビ」なる動画サイトで、自民党都連を中心とした多数の現職政治家と対談している様子を公表しています。

この様に、寺原氏は自民党都連を中心とした多数の現職政治家との人脈をアピールし、自身の信用を高める事で非常に高額の有料セミナーを行っているのです。

しかし寺原氏の実態は政治家に知り合いが多いというだけの、ただの一般人です。その人脈も「資本金1000万円の株式会社の代表取締役」という立場を用いて築いたと考えるのが自然でしょう。

もしも「資本金1000万円の株式会社」「多数の現職政治家との人脈」という信用が無ければ、この様なただの一般人のセミナーに1回2時間 3万7500円を支払う人はいません。

これは明確な詐欺ビジネスであり、そしてこの詐欺ビジネスに自民党都連を中心とした多数の現職政治家が広告塔として加担しているのです。これは元民主党代表の海江田万里氏が広告塔を務めた安愚楽牧場詐欺事件に極めて近い構図です。

最後に寺原氏の詐欺ビジネスに加担している現職政治家の一覧を掲載します。下村博文元文科相と言った大物政治家の名前も見えます。

自覚がない政治家の方もいる事が予想されますので、ここに記載された政治家の方は自分が詐欺ビジネスに加担している事を自覚し、すぐに詐欺ビジネスから離れてください。

4. 寺原きよみの詐欺ビジネスに加担する現職政治家の一覧

■自民党

下村博文 衆議院議員

三谷英弘 衆議院議員

高木けい 衆議院議員

長尾たかし 衆議院議員

ありむら治子 参議院議員

山本亨 墨田区長

高島直樹 都議会議員

川松真一朗 都議会議員

鈴木章浩 都議会議員

永田壮一 千代田区議会議員

平田みつよし 葛飾区議会議員

伊藤よしのり 葛飾区議会議員

山本かずひと 文京区議会議員

長澤興祐 足立区議会議員

藤澤愛子 豊島区議会議員

稲垣淳子 中野区議会議員

遠藤ゆりこ 小金井市議会議員

星大輔 町田市議会議員

高橋めぐみ 前都議会議員候補

中村彩 前都議会議員候補

広瀬まき 前都議会議員候補

ふじいたかお 前渋谷区議会議員

竹村雄尉 前目黒区議会議員

安倍昭恵 前ファーストレディー

■立憲民主党

山本まさの 埼玉県議会議員

古堺稔人 前豊島区議会議員

■日本維新の会

くわはらくみこ 参議院議員

石井苗子 参議院議員

ひえしま進 世田谷区議会議員

■無所属

おぎの稔 大田区議会議員

2021年7月29日
パテントマスター・宮寺達也