2020年09月04日(金) 立民・国民の合流新党が強くなれば日本は良くなる

2020年09月04日(金) 立民・国民の合流新党が強くなれば日本は良くなる

2020年9月4日(金)の「今日のニュースを語りたい」は

合流新党149人参加 10日代表選 枝野、泉氏が出馬表明

です。

新党に参加する国会議員数は衆院106人、参院43人の計149人。平成29年に分裂した旧民進党と同規模で、次期衆院選での政権交代を目指す。

合流新党に参加する議員の内訳は立民88人、国民40人、無所属21人だった。一方、政策面の不一致や綱領案への反発などから、国民の玉木雄一郎代表や民間労組出身議員らが参加しないほか、立民に離党届を出している須藤元気参院議員も不参加を表明した。

2020年に入ってから協議しては破談を繰り返していた立憲民主党と国民民主党の合流がようやく実現しました。僕は菅首相には本当に頑張って長期政権を築いて欲しいと思っています。そして可能性は恐ろしく低いと思いますが憲法改正の実現を果たして欲しいと思います。そして拉致問題や北方領土問題など、安倍首相が宿願としながら叶えられなかった政策を実現して欲しいです。

そのためには立民・国民の野党勢力が弱いままでは駄目なんです。菅政権が結果を残すためにこそ、合流新党は政権交代を本気で狙える様な強い野党になって欲しいと思っています。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、この毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について