2020年09月02日(水) 夫婦写真を批判した中村かさね氏の「すごく昭和の姑感」

2020年09月02日(水) 夫婦写真を批判した中村かさね氏の「すごく昭和の姑感」

2020年9月2日(水)の「今日のニュースを語りたい」は

「すごく昭和感」 岸田文雄氏が投稿した夫婦写真への強烈な違和感、理由を考えてみた

です。

自民党総裁選に立候補を表明した岸田文雄氏がTwitterに投稿した1枚のプライベート写真。一瞬、言葉にできない違和感を覚え、指が止まった。

この写真に強烈な違和感を覚えるのは、「政治家の夫を支える控えめで優しい妻を持つ自分」と「そういう妻に感謝する自分たち夫婦の円満な様子」というイメージを、日本のリーダーになる可能性がある政治家が発信することの意味に対して、あまりに無自覚なように思えるからだ。

酷い記事は毎日の様に目にしますが、この中村かさね氏の記事はかなりのハイレベルです。これほどまでに「鏡を見ろ」と言いたくなる、自分の愚かさを棚に上げて他人を批判するバカな記事はそうお目に掛かれません。

とはいえ安倍首相に「日本史上の汚点」と言い放った白井聡氏がその口で松任谷由実さんに「早く死んだほうがいい」と言って超炎上したのがつい昨日の話ですで、どうも安倍政権はバカを暴走させる加速装置でも持ってる様です。

安倍政権が史上最長の長期政権になったのは白井聡氏にしろ中村かさね氏にしろ、安倍政権を批判するマスコミが勝手に自爆しまくったというのが大きいですよね。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、この毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について