2020年08月29日(土) ゲーム実況の無許諾配信をどう考えて行くべきか?

2020年08月29日(土) ゲーム実況の無許諾配信をどう考えて行くべきか?

2020年8月29日(土)の「今日の知財ニュースを解説」は

ゲーム実況の無許諾配信とどう向き合う? 弁護士「メーカーの利益を尊重すべし」

です。

YouTubeなど動画投稿サイトの人気ジャンル「ゲーム実況」で、このところ大きな動きが起きている。ゲーム会社が著作権などを理由に、個人や法人の無許諾配信を認めない方針を明らかにしているのだ。

「UUUM」や「いちから」など、任天堂と著作物利用に関する包括的許諾契約を結んだ4つの企業(8月1日時点で計7社)については、企業に所属する投稿者も、個人と同じようにゲーム実況で収益化することを認めたのだ。

本日「弁護士ドットコム」に掲載されたゲーム実況動画の動画投稿について考察した記事が興味深いです。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、この注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について