2020年08月29日(土) 自民党総裁選がスタート。ポスト安倍の予想は岸田文雄

2020年08月29日(土) 自民党総裁選がスタート。ポスト安倍の予想は岸田文雄

2020年8月29日(土)の「今日のニュースを語りたい」は

一夜明け 各派閥が総裁選へ始動

です。

安倍首相が辞意を表明したのは8月28日の午後2時過ぎですが、その数時間後にはもう次の自民党総裁を決めるための総裁選の動きが本格化しています。衆議院選挙は通常では前回選挙の3年以内には行われるため、前回選挙が2017年10月でしたからその3年後である今年、東京オリンピックの成功ムードの勢いをかって2020年9月か10月に衆議院を解散し総選挙を実施するのが安倍首相が描いていた青写真だと思います。

しかし新型コロナウイルス対応のために東京オリンピックは1年延期になり、その青写真は完全に崩れました。そして安倍首相自らも志半ばで退任する事になってしまいました。この混乱下で解散総選挙が行われるとは考えにくいです。

次の自民党総裁=首相は新型コロナウイルス対応を全うしながら何としてでも東京オリンピックを開催に導き、その勢いをかって衆議院の任期4年のギリギリである2021年9月か10月に行われるであろう解散総選挙に勝てる人物、それが条件になります。

定期購読マガジン「パテントマスターのマガジン」は、有料記事「パテントマスターは語りたい」(各300円)、この毎日の注目ニュースを解説する「今日のニュースを語りたい」(各100円)、任天堂とコロプラの特許訴訟の記事が満載の有料記事「パテントマスターへの道」(各500円)、注目の知財ニュースを解説する「今日の知財ニュースを解説」(各100円)の過去記事が全て読み放題です。1年会員は9,980円、永久会員は49,980円でお申し込みできますので、是非ともご購入をお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について